電子付加治療ES27でアトピーは直るの?

電子付加治療ES27の使用方法の説明

電子付加治療ES27クリームを購入した後の使い方ですが、いたって簡単です。
あまり制約などもないので、簡単に説明しておきます。

 

 

電子付加治療ES27の使い方
メトセラES27クリームを先に塗ってその後の他の薬や保湿剤を使った方が効果的です。
順番を間違えても問題はありませんが、そうする方が直りがはやい気がしました♪

 

 

私が使った感想も交えてお話しますが、説明書のとおりにお風呂上りに塗る方法が一番効果的です。
病院で処方してもらう軟膏などと同じで、肌の雑菌や汚れを落としてしまった後に塗る方がよいです。
普通に考えると当たり前なんですが、これがいいですね。
また肌がカサカサし始めたときに塗ると痒みが治まるので私はいつもそうしています。
冬になると乾燥が激しいので、こまめに塗ると回復もはやいと思います。
病院で処方されたお薬と併用しても、問題もありませんでしたので、説明書どうりです。

 

 

メトセラES27クリームは3gで包装してありますが、少ししか使わないときには小さな容器に入れて
こまめに使えるように工夫をしています。
他のサイトでもこの様にしていたので、問題はないでしょう!

メトセラES27クリームを使った感想

メトセラES27クリームを使った感想です。
治療前はステロイドの副作用によりバリア機能が低下していました。
その後入浴後にメトセラES27クリームを散布しているとだんだんと直ってきました。
そのい場合ですが、ステロイドをいきなり止めるのではなく1日3回使っていたら1回にして
その他は電子不可治療のES27を使うようにします。
1ヶ月もすれば改善が見られようになりました。

 

 

【公式サイトより】
電子付加治療ES27の使い方

 

画像は24歳女性となっており、乳児期から慢性的にアトピーが続いていて冬から秋にかけて
悪化する傾向があったようです。
保湿剤とステロイドの使用を繰り返していました。
入浴後に1日1回メトセラES27クリームとワセリンの塗付は継続したそうです。
治療から2ヶ月経過時にバリア機能が改善していたためワセリンを中止しその後はES27を使い改善できた。

 

 

電子付加治療ES27の使い方

 

画像はステロイド剤の副作用による色素沈着と皮膚の苔癬化のようです。
メトセラES-27クリームとステロイド剤の両方を使用しながら、直っていく過程でステロイド剤の量を減らしていきます。
治療4ヶ月目にはステロイド剤の使用は完全に中止し、メトセラES27クリームだけを継続し、アトピー性皮膚炎を
完全に克服した状態です。

 

 

電子付加治療,電子付加治療薬

 

画像は4歳女児となっております。
乳幼児からアトピー生皮膚炎を繰り返しては発症し、軽快と悪化の繰り返しだったようです。
アルメタというステロイド剤を使用しつづけるも、かゆみにより掻き毟り悪化したそうです。
こちらも1日1回入浴後にES27クリームとアルメタの塗付は継続し、1ヶ月後に再発が見られないので改善できた。

 

このような報告事例が公式サイトには書かれています。

⇒ メトセラES-27クリーム公式HPへ